霊園選びで大切な宗教と立地条件

霊園選びで大切な宗教と立地条件


霊園選びで大切な宗教と立地条件
一般的な霊園というのは、様々な決まり事があり、それら使用規定は必ず守らなければいけません。
特に宗教や宗派は最も大切なことであり、霊園と異なった他の宗派の人は使用をすることが出来ないのです。 やはりお墓参りに行きやすい霊園が一番と考えている人が多いのではないでしょうか?
自宅の近所に霊園を買うことが出来なかったとしても、交通の便が良いところを選べばさほど苦労をすることは無くなります。霊園選びで大切な宗旨や宗派の条件は霊園や墓地によって様々指定されています。
このことから自分の宗旨や宗派、そして今後どうしていきたいのかなどを予め考えておく必要があるのです。

霊園の中には仏教ならどの宗派でも構わないという墓地も最近では多くあります。
ただし仏教以外の宗教や仏教系だったとしても買うことの出来ない霊園もありますのでご注意ください。




霊園選びで大切な宗教と立地条件ブログ:01月13日

私達夫婦の愛するムスメは、1歳5ヶ月になりました。

生まれてから丸一年と5ヶ月が過ぎたわけですけど、
その間、ずーっと、私や嫁をはじめ
おじいちゃん達、おばあちゃん達に
「かわいい、かわいい」と言われながら育ってきています。

両親バカなのは大目に見ていただくとして、
普通、同じものを一年以上も同じ気持ちで、
あるいは、その気持ちを成長させながら
持ち続けることは難しいものですよね。

美人は3日で飽きる…なんて言葉もあるように、
どれだけ良いものでも、
単一的な見方ではどんなに良いものでも
必ず飽きが来て退屈してしまいます。

でも、子どもの成長はすごく早いんですよね。
昨日まで出来なかったことが、ある日突然出来るんです。

その変化に驚かされ、そして、その変化に
「すごいなあ」と「かわいいな~」が続いていきます。

両親から言えば、早く成長してくれるのは嬉しいけれど、
子どものかわいらしさが変わってしまうのは
惜しい気もします。

2歳になる子どもを持つ友人がしみじみ言ってました。
「歩き始めて色んなことを自分でし始めると、なんか無性に寂しくなる…」

もっと大きい子どもを持つ友人が言ってました。
「初めて幼稚園に子どもが行った日は、こっちが寂しくて泣かされたわ」

子どもの成長を見ていると
「今、この瞬間」に対する思いは深まります。

最近私がよく思うのは
「1歳5ヶ月のムスメは今しかいないんだな」ということ。

それと同時に私の嫁に対しても、
周りの人たちに対しても、自分自身に対しても、
「今の○○は、今しかいないんだな」
ということに気付かされます。

霊園選びで大切な宗教と立地条件

霊園選びで大切な宗教と立地条件

★メニュー

価格・環境・設備を事前確認することが重要
墓石価格の中で最も大きな費用は墓石代
霊園の設備と管理体制などを確認
様々な供養方法から選択できる
霊園を使用する時には様々な規定がある
霊園選びで大切な宗教と立地条件
宗教宗派と問わない民間が運営をしている霊園
土地を買うのでは無く永代使用権を買う
霊園側に毎年支払う管理費
公営墓地を利用するメリット・デメリット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全国に存在している注目の霊園選び