宗教宗派と問わない民間が運営をしている霊園

宗教宗派と問わない民間が運営をしている霊園


宗教宗派と問わない民間が運営をしている霊園
数多くある霊園のタイプで最も人気のあるのが公営の霊園であり、その分競争率が高くなっています。
公営霊園を待ち望むのも一つの考え方ですが、近所で管理の良い民営の霊園を選ぶのも良いかもしれません。 民間が運営をしている霊園は公営墓地と比較をしますと永代使用料や管理費などは多少割高となります。
しかし遺骨の有無などにより、申し込みについての制限が無くなります。一昔前までは墓地というと生前住んでいた近所の寺院や村の共同墓地などといったものが一般的でした。
しかし最近における急激な人口増加などといったことの影響によって郊外に公営墓地が増加してきているのです。

墓地は経営や管理者により運営体制に違いがありますので、その特徴に応じ、どのような墓地を選ぶか考えるようにしましょう。
財団法人や社団法人が管理し、民間が宗教法人から委託されている霊園におきましては、基本的に宗教宗派を問わずに申し込むことが可能です。




宗教宗派と問わない民間が運営をしている霊園ブログ:07月10日

あたしには元々、
マメに連絡をするという習慣がありませんでした。

それは、
「便りのないのは良い便り」とばかりに、
何もない時には連絡をすることがなかった
実家の習慣からきているのかもしれませんし、
あたし自身の不精な性格からきているのかもしれません。

あたしは
用件がないのに
連絡をするということをしてこなかったのです。

それはあたしにとって長年慣れ親しんだ習慣であり、
それが当たり前で、
そのことに疑問を持つという発想すら
持ち合わせていませんでした。

それに対して、
嫁はマメに連絡をするタイプです。

あたしにも実家の家族にも友達にも、
マメに連絡してコミュニケーションを図っています。

だから、嫁の携帯は、よく鳴るんです。

すごいなぁって思うんです。
そして、うらやましいなぁって思うんです。

あたしの携帯はほとんど鳴らないから、
たまに電話でもかかってこようものなら、
着信音にビックリし、あわてて電話に出ようとして
誤って電話を切ってしまうくらいですから…

そんなあたしですが、マメな嫁に感化され、
少しずつではありますが、伝えなければならない用件がなくても
連絡をするようになってきました。

といっても、
なかなか長年のクセが抜けず、
「たまに」程度なんですけどね…

一週間ほど前、珍しく友達に連絡をすることがありました。

用事があったわけではないのですが、
「元気にしてるのかな~?」と気になったので、
その友達に「元気にしてる?」というメールを送ったのです。

すると、友達から
「元気にしてるよ」「メールもらってうれしい」という返信がありました。

気が向いて勝手にメールしただけなのに、喜んでもらえて
あたしはとってもうれしかったですね。

宗教宗派と問わない民間が運営をしている霊園

宗教宗派と問わない民間が運営をしている霊園

★メニュー

価格・環境・設備を事前確認することが重要
墓石価格の中で最も大きな費用は墓石代
霊園の設備と管理体制などを確認
様々な供養方法から選択できる
霊園を使用する時には様々な規定がある
霊園選びで大切な宗教と立地条件
宗教宗派と問わない民間が運営をしている霊園
土地を買うのでは無く永代使用権を買う
霊園側に毎年支払う管理費
公営墓地を利用するメリット・デメリット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全国に存在している注目の霊園選び