価格・環境・設備を事前確認することが重要

生前墓として事前に霊園を買っておく人が多いですが、基本的には公営の霊園では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院の霊園を利用する必要があるのです。 管理事務所や駐車場、そして休憩所、法要設備などといった、諸設備の有無や規模は大変重要なポイントとなります。
墓地全域を平坦設計にしているなどといった、バリアフリーの霊園もありますので探してみてください。霊園を求めるには、墓地の永代使用料である永代使用料、管理費、墓石代などが必要となってきます。
その他、開眼やかいげん、そして供養のお布施などといった諸経費もかかりますので、事前に確認をしておくようにしましょう。

 

最近の墓地の環境としては、日当たりや風通し、そして水はけの良い所が多くなっていますのでそのような霊園を選びましょう。
さらに山間部を造成することによって霊園にしている場所におきましては、大雨での影響が考えられる地盤についても調べておきましょう。

リジンは当サイトへ
リジン
https://www.suplinx.com/shop/e/elysine/



価格・環境・設備を事前確認することが重要ブログ:06月23日

あたくしには三人の子どもがいる。
長女は社会人、長男は大学生、次女もこの春に大学生になる。

今、それぞれの成長した姿をみて、
こうして何事もなく、明るく健康に育ってくれたことに
あたくしは心から感謝している。

しかし、ここまで何の迷いも悩みもなくこられたのではない。
特に、新米の両親時代は、
子どもの成長に一喜一憂して、
日々あたふたして過ごしたような気がする。

「母、一番大切なものって何かな?」
「あなたは、何だと思うの?」
「いっぱいあるよ。父、母とか家族でしょ。
ええっと、愛情?でもお金もないと困るよね…」

お金持ちでも一人ぼっちで寂しかったり、
病気だったりしたら不幸だ。
それに、お金持ちじゃなくても幸せな人はいる…

子どもが小学生の頃、こんな会話をした。
結局、この日一番大切なものは、家族となった。

子どもが幼いころは、とにかく健康に育ってほしいと願った。
成長してくると、物事の善悪や社会のルールを教え、
躾をしなくてはならないと思った。

しかし、躾やルールならば、指標になるものがあるが、
上の会話のように、夢や理想、価値観などには、
正解というものはないので難しくなった。

いつの間にか、あたくしは
自分の考えを押し付けようとしたり、
自分の希望に沿うよう、方向付けしようとしたりしていた。

例えば、子どもの友人関係がそうだった。
大人から見ると、身だしなみはキチンとしていた方が好ましいし、
学力やトレーニングはできないより優秀な方がいい…

いつの間にか、
子どもの友人をそんなものさしで
測ろうとしていたりした。

「母の価値基準で判断しないで」
子どもはそう言って反発するし、
その話題がもとで、
両親と子どもの関係がギクシャクすることが多かった。