価格・環境・設備を事前確認することが重要

生前墓として事前に霊園を買っておく人が多いですが、基本的には公営の霊園では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院の霊園を利用する必要があるのです。 管理事務所や駐車場、そして休憩所、法要設備などといった、諸設備の有無や規模は大変重要なポイントとなります。
墓地全域を平坦設計にしているなどといった、バリアフリーの霊園もありますので探してみてください。霊園を求めるには、墓地の永代使用料である永代使用料、管理費、墓石代などが必要となってきます。
その他、開眼やかいげん、そして供養のお布施などといった諸経費もかかりますので、事前に確認をしておくようにしましょう。

 

最近の墓地の環境としては、日当たりや風通し、そして水はけの良い所が多くなっていますのでそのような霊園を選びましょう。
さらに山間部を造成することによって霊園にしている場所におきましては、大雨での影響が考えられる地盤についても調べておきましょう。



価格・環境・設備を事前確認することが重要ブログ:02月23日

ちょっと仕事先のことで落ち込んでいます


なんでも、最近のアラサー女子の中には、
男性のようにヒゲが生える人がいるとか…

仕事中心で男性型の生活パターンになっていると、
体質まで男性化してしまうことがある…ということらしいです。

それから既婚女性の場合、出産後、
「とにかくこのお子さんをしっかり育てなくちゃ」
という思いが強くなるあまり、
「しばらくはオンナを捨ててがんばるわ!」というようなモードになってしまうと、
女性ホルモンが低下してしまうことがあるようです。

そうすると、それこそ太いすね毛が生えてきたり、
痛風などパパに多い病気にかかってしまったりする…
なんてことも実際あるみたいですね。

そしてわたしの身近でもこんなことが…

親しい友人が2年前に出産し、
すでに仕事にも復帰しているのですが、
このごろ体質の調子がすぐれず、
産婦人科で「ホルモンバランスが乱れているのでは」と言われたそうです。

友人はとても責任感が強い人なのですが、
産休明けにはがんばりすぎないように
ペース配分を考えながら仕事をしていたようです。

でも仕事復帰から一年近く経って年度も切り替わったので、
「そろそろエンジンかけて仕事もがんばろう!」と思い始めたところでの体調不良、
精神的にも少々がっくりしていました。

そんな友人とお茶しつつあれこれ話しているうちに、
「恋愛感情とホルモン分泌って関係があるって言われているよね」
みたいな話になりました。

そして
「確かにお子さんのことばかりになってたと思う。
しかも夫は子育てのことで何かしてくれても、
イマイチやり方とか考え方がズレていて、何だかがっかりして、
お子さんがいればそれでいいや、みたいな感覚になってたかも…」
と、友人は話してくれました。

明日はいい日かな〜